話題のシステム

タクシーの位置追跡や新しい配車方法

タクシーの無線機を利用した追跡システムというものがあります。個人的に気になったので調べてみると面白い内容で、タクシーの無線機に付いているgps機能は車両の位置を把握して適切な移動ルートや、目的地までの所要時間の見積に欠かせないツールです。 またタクシーの無線機能とスマートフォンのアプリが連動し始めたことで新たな利用方法が模索されているとのこと。車両位置の情報で事故があったりすると通報する機能や、専用のセンサーと連動するとエンジンの回転数なども把握することが出来ると書かれています。 ドライブレコーダーなどと併用して使用することによりドライバーの無事故無違反に良いですね。このように最近のgpsの追跡は精度が良いようです、スマートフォンのアプリとの連動は他にもあり、タクシーの利用者が自分の位置を一番近いタクシーの車両に知らせるケースも増えつつあります。オペレーターを通すことなく、アプリの操作だけでタクシーの手配ができることは大きなメリットだと思います。

動物の生息適地マップ作成のgps利用

野生動物が市街地に現れた、というニュースはよく見聞きしますね。特に多いのがクマで、冬眠中に目が覚めたのか市街地で人を襲ってしまうケースも少なくありません。四国地方のツキノワグマは国内で最も絶滅が危惧されている地域個体群です。WWFジャパンなどがこの四国地方のツキノワグマをgpsを使った追跡調査を行っています。 方法は、市街地に出てきたツキノワグマを眠らせてgpsを仕込んだ首輪をつけた後、山に放し動きを追跡するというもので、最終的には既存の地理情報とgpsで得た情報データとを合わせて「クマの生息適地マップ」の作成が目的だそうです。 現在では3頭のクマにgpsの首輪が付けられたということです、このような活動にもgpsは利用されています。

Copyright © 2015 一人で悩まず怪しいと感じたら専門の業者へ相談しよう All Rights Reserved. http://f-tpl.com